個人投資家応援サイト
invest

福原史跡公園と福原氏

 毛利藩の永代家老であり維新当時の領主福原越後公の邸跡に整備

された公園です。1976年に市の史跡公園として開放され、井戸の

跡、屋敷神、樹木などがあり、自分の行くときには誰もいなくて静

かですし園内のトイレは立派で誰が管理しているのかいつもキレイ

です。

 私邸は村民達から「御館」とか「御田館」と呼ばれていたとか、

私邸付近を宇部郷の中心という意味で「本郷」といっていたとか、

新川地域が発展する前は上宇部が宇部の中心地域として栄えていた

みたいです。    関連事項:宗隣寺(菩提寺)

 住 所:宇部市中尾1-5

 最寄バス停:中尾

 

 

14代・福原元俊

(隠岐守)

知行替えにより宇部領主に。
15代・福原広俊

(ひろとし)

灌漑用ため池(常盤湖)の築堤を命じる。
16代・福原広頼

(ひろより,1683-1714)

17代・福原広泰

(ひろやす1694-1725)

18代・福原元貞

(もとさだ,1708-1741)

19代・福原広門

(ひろかど,1733-1791)

20代・福原就清

(なりきよ,1756-1791)

21代・福原房純

(1772-1836)

1797-8年にかけて、宇部本川の氾濫を防ぐために砂州を掘り割り直線的に河水を海に流す改修工事を

行った。1801年、新たにできた川を新川と命名(→真締川)、川の東側に中津瀬神社を建立。

22代・福原熙賢

(ひろたか,1805-1836)

23代・福原親俊

(1833-1858)

24代・福原元たけ

(もとたけ,1815-1864)

福原越後公。1864年12月10日禁門の変の責任を取り岩国・龍護寺で自害。1866年汚名は破棄、宇

部護国神社の主神に。

25代・福原良通(芳山)

(よしみち,1847-1882)

1865年干城隊(かんじょうたい、当初1855名)の総督。1867年、藩命によりイギリスへ留学して

法廷弁護士の資格取得、1874年に帰国。福井忠次郎氏等が独占していた厚狭郡内の炭鉱借区権を買い

取った。

ハローバイトル(日本語)

 

profile
family
photo
pc
job
link
bbs
e-mail
masuno-club
Suizu Capital Management 設立準備会
山口県宇部市東梶返3−13−4(〒755-0039)
3-13-4-201 Higashikajigaeshi, Ube, Yamaguchi 755-0039 JAPAN
Copyright (c)1999-2016 SuizuCapital