個人投資家応援サイト
Top > 宇部周辺散策マップ > 瑠璃光寺・五重塔 | [サイトマップ] 
invest

瑠璃光寺・五重塔 Rurikoji Temple 5 Storied-Pagoda

 

 大内氏25代当主・大内義弘が現在の地に香積寺を建立。義弘は1399年(応永6

年)足利義満と泉州で戦いに敗れ戦死。26代弟・盛見は兄の菩提を弔うため、香積

寺に五重塔を造営中、九州の少貳勢と戦って戦死。五重塔はその後、1442年

(嘉吉2年)頃落慶しました。1471年(文明3年)周防守護代職・陶弘房の夫人が

夫の菩提をとむらうために、山口市仁保高野に安養寺を創建、1492年(明応元年)

に瑠璃光寺と改められました。大内氏は毛利元就により滅亡、関ヶ原の合戦後、萩に

移った毛利輝元が慶長9年(1604年)に香積寺を萩に引寺したため、1690年

(元禄3年)その跡地に仁保の瑠璃光寺を移転させた。

 五重塔は方三間、高さは31.2mで、大体和様式、屋根は桧皮葺です。 室町時代中

期におけるすぐれた建築の一つであるとともに、大内文化の最高傑作と言われていま

す。法隆寺五重塔、醍醐寺五重塔と共に日本三名塔の一つにも数えられており、明治

36年には国宝に指定。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 住所:山口県山口市香山町7-1

 アクセス:JR新山口駅からバスで30分、県庁前・バス停から

      徒歩で10分

 

 瑠璃光寺の隣にあるのが洞春寺(とうしゅんじ)です。ここに立

ち寄る観光客は少ないようですが毛利元就の菩提寺です。

 元は1404年(応永11年)大内氏11(26)代当主・大内盛見が天

下泰平、家内繁栄の祈願所として国清寺が建立されていたそうで

す。洞春寺の方は1572年(元亀3年)毛利輝元が、安芸の国吉田

の城内に毛利元就の菩提寺として開基し、毛利氏が関ヶ原の戦い

後、防長2州に減封されて萩に移る際に、萩城内に移された(慶長

11年)。常栄寺も慶長年間(1596~1615)に現在の地に移る

(国清寺と合寺)。1863年(文久3年)、毛利敬親が山口城に入る

際、萩の洞春寺をこの地に移し伽藍(がらん)のみ譲り、常栄寺は

山口市宮野下に移り妙寿寺と合寺したそうです。

山門(重要文化財)
観音堂(重要文化財)
 境内に危犬(?)がいます→

銀雪(ぎんせつ)(バラ5本)《山口県 山口 宇部 お土産 お取り寄せ 蒲鉾 かまぼこ【宇部かま 宇部かまぼこ 宇部蒲鉾】

価格:2,700円
(2016/2/20 11:17時点)
感想(24件)

 

 

 

profile
family
photo
pc
job
link
bbs
e-mail
masuno-club
Suizu Capital Management 設立準備会
山口県宇部市東梶返3−13−4(〒755-0039)
3-13-4-201 Higashikajigaeshi, Ube, Yamaguchi 755-0039 JAPAN
Copyright (c)1999-2016 SuizuCapital